肥満外来で行われる治療

適切なカロリーコントロールをする食事療法

肥満治療で医療機関を受診する際、入院や手術よりも穏やかな治療方法として食事療法が挙げられています。食事療法とは、肥満の大きな原因である食べ過ぎと運動不足を解消する方法のひとつで、医師の指導のもと、…

脂肪を落とす運動療法

肥満外来で行われる治療といえば、食事療法・運動療法・認知行動療法・投薬などが代表的ですが、その中でも特に注力したいのが運動療法です。運動療法は医師のカウンセリングによって方向性を決めていく事が一般…

高度肥満の方は投薬治療も

脂肪の吸収を抑えるタイプの治療薬

健康診断などでメタボと診断されたり、生活習慣病になる恐れがあると忠告されたりするかもしれません。今は病気でなくてもそのままだと病気になる可能性があります。肥満気味であれば、肥満外来などを利用して治療するのも良いかもしれません。一般的な治療は、食事や運動などを用いた生活改善指導です。薬を使ったり手術を使ったりはありません。でも肥満の度合いが高くなると指導だけでは痩せるのが難しい時もあります。その時に使われる薬として、脂肪の吸収を抑えるタイプの薬の利用があります。普通に食事をすると、糖分などを摂取するとそれを脂肪としてため込みます。この薬を飲むと、脂肪として吸収せずにそのまま排泄を促すようになります。使わない時より痩せやすくなります。

食生活の改善が難しい時の治療

肥満になるメカニズムは比較的簡単な原理です。食事から摂取するカロリーが運動などで消費するカロリーよりも多い時、オーバー部分が脂肪としてため込まれて肥満の状態になります。肥満を解消するなら、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、どちらかになります。肥満外来で治療をすると、生活指導で摂取カロリーを減らしたり消費カロリーを増やせるようにしてもらえます。しかし人によってはどうしても摂取カロリーを減らせない人がいます。この時に使われる治療のための薬として食欲を抑えるタイプの薬があります。摂取カロリーが抑えられるので、運動と組み合わせると効率的に痩せられるようになります。医師の処方によってのみ利用できる薬です。

肥満外来の費用

肥満外来で保険適用される条件

過度なダイエットは危険ですが、肥満も生活習慣病のリスクを上げ、健康を大きく損なう恐れがあります。自己流の体重管理に限界を感じたら、専門医を頼ることも視野に入れるべきかもしれません。肥満外来では、食…

保険適用された場合の治療費

世の中にはたくさんダイエットに関する情報がありますが、その中には信ぴょう性や確実性に欠けるものも少なからず存在します。また、効果があると言われているダイエット法についても、個人や環境等によって向き…

自由診療時の治療費

肥満治療は、生活習慣病の予防や改善につながる有意義なものとして位置づけられることがあります。中でも、内服治療を使った肥満治療は、重度の肥満症の人を除いて自由診療となりますが、医師の指導の下で健康的…